スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子宮卵管造影検査

以前検査した卵管造影検査について書きます。

* 2006年9月6日--2度目の検査

現在通院している不妊専門クリニックで卵管造影検査をしました。
当日は絶食で挑みましたが、造影剤アレルギーの検査や、
座薬などは特にしませんでした。

まず診察台に上り、造影剤を注入する管を子宮に入れる。
この時生理痛のような痛みを感じましたが、
気持ち悪いな程度で我慢出来ました。
しかしその後、バルーンを膨らませる処理の時、
経験したことのない生理痛の痛みが襲いかかってきて、
意識が遠のくような感覚がありました。
本当に痛くて息が乱れ、声も出ませんでした。
おなかが気持ち悪くふらふらする状態のまま診察台を降り、
レントゲン室へ移動。
1回目他院で検査した時は、直接レントゲン室で台の上に横になり、
そこで管を入れてそのままレントゲンを撮ったので
「えこんな辛い状態で歩かせるの」と泣きそうになりました。

なんとかレントゲン室へ行き、台の上へ。
子宮に通した管に、造影剤を投与していく。
これもまた生理痛のような感覚がありました。
「うぅっうっ」と声を上げてしまいましたが、
バルーンを膨らませる時よりはまだマシな痛み。
でも痛くて手をおなかの方へ移動させてモゾモゾしてしまいました。
カテーテル、ひっこ抜けるものなら抜きたいって思ってた

造影剤投与後の画像を見せてもらい、
両方卵管ともしっかり通っているとのこと。
しっかりと通っているとは言え、左右対称でなく形もいびつ…。
少し不安を感じましたが、ネットを見ていると左右対称でなくても
全然大丈夫みたいでした
私は子宮が小さいと聞いていたのですが、
やはり白く見えた子宮は小さいように感じました。

何も異常は見つかりませんでしたが、痛みは結構ひどいものでした。
でも、これによって自分の体を知ることが出来るし、
卵管の通りが良くなり、ゴールデン期間を迎えることが出来るので
不妊治療をされている方は、是非怖がらないで検査した方がいいと思います。
天使に会うために、頑張りましょう
スポンサーサイト
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
03 05
プロフィール

aoyann

Author:aoyann
不妊専門病院に通院の末、
3回目のAIHによって
赤ちゃんを授かることが出来ました。
現在2人目に向けてAIHに挑戦中です。

FC2カウンター
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。